インドネシアは常に夏

インドネシアは常に夏🇮🇩

頑張ってる30代女子の奮闘日記

【クジャクのマークが目印】フワフワ病みつき!糖分を欲した時はインドネシアのドーナツチェーン店「J.CO(ジェイコ)」を食べる

 

スラマットマラムー´_ゝ`)

キングでーす´_ゝ`)

 

店舗を見かけると「ああ、私は今インドネシアに居るんだなあ」と実感するインドネシアのドーナツチェーン店があります。

 

 

そう。「J.CO(ジェイコ)」です。

 

ここのドーナツですがとにかくフワフワ。

持ち上げた時や一口噛んだ時に「軽っっ!(良い意味で)」となる感じ。

軽いがゆえ空腹時は余裕で4個とか食べれちゃう。

 

ドーナツの種類に関しては、ミスタードーナツのようにモチモチだったり固めだったりパンの様だったりと色んな生地がある訳では無く、フワフワ生地のドーナツベース。

そのフワフワドーナツに色んな味のデコレーションがある感じ。

 

 

ドーナツだけでなく、美味しいコーヒーやフローズンヨーグルトなど魅力が満載なのでレポします。

 

 

 

 

 

J.CO とは?

 

公式HPより

 

J.CO(ジェイコ)こと「J.CO Donuts & Coffee」は2005年設立のインドネシアのドーナツ・カフェチェーン店です。

 

同じくインドネシアの大手サロンチェーン店「Johnny Andrean(ジョニーアンドレアン)」を筆頭とする “Johnny Andrean group(ジョニー アンドレアン グループ)” に属しています。

 

ヘアサロン Johnny Andrean

 

Johnny Andrean Group
  • Johnny Andrean(ヘアサロン)
  • J.CO Donuts & Coffee(ドーナツ・カフェチェーン店)
  • BreadTalk/ブレッドトーク(シンガポール発のパン屋。フランチャイズ契約)
  • roppan/ロッパン(日本風のトーストが看板メニューのカフェ)

 

【【己のセンスとの戦い!】インドネシアの大手サロンチェーン店「Johnny Andrean(ジョニーアンドレアン)」でカット・カラー・トリートメント(?)をしたら要望通り仕上げてくれた】

selalumusimpanasindonesia.hatenablog.com

 

インドネシアでヘアサロンを展開していたジョニーアンドレアンさんが、アメリカのドーナツ屋とフランチャイズ契約を結ぼうとしたが色々あって無しになった。

そこで、それまでに学んだ知識を元に自分でJ.COドーナツをオープンさせた。

 

ドリンク注文でグレーズドーナツ*11個無料” の戦略が大当たり。

 

インドネシア国内だけでなく、サウジアラビア、香港、シンガポール、フィリピン、マレーシアと国外にも展開。

 

J.COのオレンジ色の温かみのある店内とクジャクのマークインドネシアでお馴染みですが、こんなスタイリッシュな店舗もあります。

 

 

 

 

 

実食

 

 

店舗へ

 

 

ウワァァァ可愛い!選べないよう。

 

ひっそり存在するしょっぱい系は絶対食べたい

 

 

ドリンクのサイズ表記はUno(ウノ)、Due(ドゥエ)、Tre(トレ)イタリア語の1、2、3。

 

  • Uno / 12oz(オンス)=約350ml。スタバのトールサイズと同じ位。
  • Due / 16oz=約480ml。スタバのグランデサイズと同じ位。
  • Tre / 20oz=約600ml。スタバのベンティサイズと同じ位。

 

驚くべきは、J.COの一番小さいサイズが、スタバでスタンダード(標準)と言われているサイズという事。

 

アメリカーノコーヒー(350ml)が20.000ルピア(約190円)で飲めるなんて素敵すぎる。

 

イラストだと分かりやすい

 

 

 

 

 

J.COオリジナルのマグカップやタンブラーも販売中。

欲しいけど既に家がマグカップ祭りなので今のところ我慢してます。

 

ギフト用のハンパー*2もありました。ドリップコーヒーが良いですね。

 

 

 

 

一度に3〜4個はデフォ

 

 

ドーナツ1個10.000ルピア(約95円)位。

ドーナツのベース生地はどれも軽くてフワフワ。お腹が減ってたら秒で食べ終わります。

 

惣菜系のJ.CLUBは少し高めで1個16.000ルピア(約150円)位でした。

 

一口サイズのJ.POPSもあります(公式HPより)

 

 

 

 

フローズンヨーグルトは一度お試しあれ

 

 

無脂肪フローズンヨーグルトのJ.COOLもあります。

これめちゃくちゃ美味しいのでオススメ。

 

シングルサイズ(24.000ルピア(約230円))は、トッピングを1つ選ぶとの事。

 

 

写真みたいにしたいな...ってイチゴ無いんかいwww

 

頭の中がイチゴで一杯で、他のを選ぶキャパシティーを持ち合わせていなかったのでとりあえず1番手前にあったチョコのコーンフレークみたいなやつにしました。

 

 

(ちょっと思ってたんと違うけど)冷たくて美味しい!!!

 

しっかりヨーグルト感があり、甘すぎなくてサッパリ。量も丁度良いです。

 

 

 

 

流行りのクロッフルも

 

 

巷で話題の “クロワッサン” と “ワッフル” を掛け合わせたハイブリッドスイーツ*3「クロッフル」もありました。

 

J.COのクロッフルということでその名もJ.CROFFLE

 

何でもあるなあ。次買ってみたい。

 

 

 

 

Dueサイズは飲みごたえ抜群

 

 

エスプレッソ+泡立てミルクでお馴染み “カプチーノ” の「J.COCCINO(アイス)」のDueサイズ(約480ml)を注文。

 

1つ31000ルピア(約300円)。

 

冷たいコーヒーとミルクでかなりお腹一杯になります。

Dueサイズは無限におしゃべりする時のお供サイズですね。

 

後ろも可愛い

 

ちなみにストローを刺す時まあまあ固かったので飛び散り注意。

 

 

 

 

ドリンクを買うとグレーズドーナツが無料で貰える

 

 

J.COの戦略 “ドリンク1杯でグレーズドーナツ1個無料” で貰える無料のグレーズドーナツも美味しいので是非貰って下さい。

 

 

ドリンクを買えば、他にドーナツを買ってても貰えました。

 

 

 

 

持ち帰りでお家でも楽しむ

 

 

レジに並んでいると箱で爆買いしている人をよく見かけます。2,3箱買いの人もザラ。

 

お土産や会社の差し入れとかなのでしょうか?

確かに見た目が華やかで、パーティーとかにもピッタリだと思います。

 

 

 

 

まとめ

 

 

フワフワで甘くて、勉強の合間や一息つく時の糖分補給にピッタリ。

 

ショッピングモールの中には大体店舗があるので、今後も買い物帰りにちょこちょこ寄ろうと思います。

 

ドリップコーヒーがとても気になる。

そしてやっぱりドリンクはUnoサイズが丁度良いかな。

 

*1:砂糖でコーティングされてるタイプのドーナツ

*2:イギリス英語で食べ物を入れるカゴ。

*3:違う種類のスイーツを掛け合わせて作られた新感覚スイーツ