インドネシアは常に夏

インドネシアは常に夏🇮🇩

頑張ってる30代女子の奮闘日記

看板メニューの中華粥から定番のインドネシア料理まで!インドネシアの中華レストラン「Ta Wan」を実食

こんにちわ´_ゝ`)

キングです´_ゝ`)

 

 

インドネシアにいると胃に優しい物が食べたくなりませんか?

 

 

20代の頃と変わらず、東南アジアの濃くてエスニックな食べ物が大好きですが

やはりアラサーになるにつれて気持ちに身体が追いついて来なくなります。

 

 

わざわざ和食を食べるのも高くつくし.....リーズナブルに胃を休めれる食べ物ないかな〜

 

 

そこでインドネシアのモールには大体ある「Ta Wan」へ。

「Ta Wan」は中華粥が看板メニューの中華料理のチェーン店です。

 

 

店舗、そしてGrabと2回食したのでレポートします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ta Wan とは?

 

 

f:id:selalumusimpanasindonesia:20210610234040j:plain

 

 

 

「Ta Wan」はインドネシアにある中華料理のチェーン店です。

 

 

インドネシアのショッピングモールには大体あります。

 

 

看板メニューの中華粥を始めとした中華メニューはもちろん、中華レストランなのにミーゴレンやナシゴレンといったインドネシア料理も鎮座。

 

 

値段もリーズナブルで店内も綺麗、そしてインドネシア料理もあるので食べるものが無ければとりあえず入って間違いはないお店です。

 

 

 

 
 
 
 

実食@店舗

 
 

f:id:selalumusimpanasindonesia:20210610234040j:plain

スマレコンモールブカシのTa Wan

 

 

 

記念すべき初Ta Wanは実店舗へ。

ブカシにあるスマレコンモールの店舗に行ってきました。中々綺麗だったのでオススメ。

 

 

f:id:selalumusimpanasindonesia:20210611223505j:plain

 

 

 

店内の雰囲気や価格帯含め、バー○ヤンみたいな感じだな。

 

 

ちなみに写真ではガラ空きですが、この後家族連れの団体が続々と現れて一気に店内は埋まりました。

 

 

 

 

 

早速注文。

 

 

f:id:selalumusimpanasindonesia:20210611224121j:plain

メニューもしっかりしています

 

 

 

と言っても一人で来たので色んな種類は頼めず、フード2品 + アイスレモンティーを注文。

 

 

 

 

Bubur Tiga Rasa (R) (3種の風味粥) / Rp29,000(約230円)

 

 

f:id:selalumusimpanasindonesia:20210611224821j:plain

 

 

 

まずは看板メニューの中華粥をチョイス。

Bubur(ブブル)はインドネシア語でお粥を意味します。 

 

 

色んな味がありましたが、1番スタンダードっぽい味にしました。

海老、鶏肉、揚げたお麩?の3種類が入った中華粥。

味付けも優しくて、付属の醤油(写真右上)をかけなくても充分美味しいです。

 

 

中華粥のサイズは(R)と(L)がありますが、(R)でも結構ボリュームがあります。

 

 

結構食べる系女子の私は更にもう1品いけましたが、普通の女子はコレだけでお腹いっぱいかも.....

 

 

この値段でこんなにあっさりしたものが食べれるのはかなり高コスパです。

 

 

 

 

Bakmi Seafood Singapore (シンガポール海鮮バクミー) / Rp39,000(約310円)

 

 

f:id:selalumusimpanasindonesia:20210611230702j:plain

 

 

 

あれだけ胃を休めたいとほざいておきながら、2品目はインドネシア料理をチョイス。

 

 

Bakmi(バクミー)は、中国からインドネシアに伝わった麺料理。福建語のBak(肉)と麺を意味するmi。

これはシンガポール風のシーフード味だったので肉は見つからず。もはやどこの国と呼べば良いのやら。

 

 

味付けは濃いめですがスルスル食べれます。辛さもほとんど無いです。

 

 

 

 

 

 

 

実食@Grab

 

 

f:id:selalumusimpanasindonesia:20210611232755j:plain

 

 

 

店舗で食べて美味しかったので、数週間後にGrab(日本でいうUberEats)でTa Wan召喚。

今回も1人で実食。全2品、ALLインドネシア料理にしました。

 

 

お腹が減っている時に注文したので「せっかくインドネシアにいるならインドネシア料理を食いたいんじゃー!」と強気で注文。

 

 

食い終わった後に中華粥を頼めば良かったと後悔。

 

 

注文して40分程で到着。

配達料含めクレジットカード決済にしたのですが、ドライバーの兄ちゃんに、店舗で受け取りの際にかかったバイクの駐車場代(50円)を現金で請求されました(^ω^)

 

 

チップをあげようと思ってたから全然良いんだけど、配達料に含まれてないの?

 

 

f:id:selalumusimpanasindonesia:20210611232755j:plain

綺麗に包装されてます。

 

 

f:id:selalumusimpanasindonesia:20210611235105j:plain

お箸+スプーン×2。少しだけ周りの容器が油でベトついてた。

 

 

 

そしてインドネシアではお馴染みのアレも付いてきました。

 

 

f:id:selalumusimpanasindonesia:20210611235945j:plain

 

 

 

サンバルソース🌶

サンバルソースはインドネシア料理に使われる辛味調味料でいわゆるチリソース。

 

 

赤唐辛子と青唐辛子の2種類付いてきましたがどちらも辛い。

サンバルソースは本当に辛いので、食べ物に直接かけるのではなく、別皿に出して様子見で食べる事を強くお勧めします。

 

 

f:id:selalumusimpanasindonesia:20210612000542j:plain


 

 

とりあえず蓋に出したがほぼ使わず。

 

 

ちなみにGrabで頼むと、メニューの値段が少しだけ高めになります。 

 

 

 

 

 

Nasi Goreng Seafood (海鮮ナシゴレン) / Rp43,000(約340円)

 

 

f:id:selalumusimpanasindonesia:20210612001106j:plain

 

 

 

インドネシアと言えばのナシゴレンをチョイス。

 

 

ナシゴレンインドネシアのチャーハンです。味は大好きな海鮮をチョイス。

他にも鶏肉やパイナップル味(Nasi Goreng Nanas)もありました。

 

 

f:id:selalumusimpanasindonesia:20210612002310j:plain

 

 

 

なんだこの偏差値8みたいな料理は.....めちゃくちゃ気になるぞ。

 

 

海鮮ナシゴレンは特段クセもなく安定に美味しいです。

ボリュームは、お腹が空いてる時ならコレ1個では物足りないかもしれません。

 

 

Bakmi Goreng Ayam (チキン焼きそば) / Rp43,000(約340円)

 

 

f:id:selalumusimpanasindonesia:20210612003449j:plain

 

 

 

2品目もインドネシアと言えばのミーゴレンをチョイス。

 

 

ミーゴレンはインドネシアの焼きそばです。スタンダードな鶏肉をチョイス。

インドネシアで色んなミーゴレンを食べましたが、Ta Wanのは油っこいけどあっさりしてて食べやすいです。

 

 

日本語おかしくね?と思いますが、油!以上!みたいなミーゴレンも存在します。

 

 

 
 
 
 

まとめ

 
 
胃を休めたいならTa Wanの中華粥は超オススメ!
 
 
比較的どこにでも店舗がありコスパも良いので、インドネシア料理に疲れたら是非食べて下さい。
 
 
調子に乗ってインドネシア料理も注文すると、胃が全く休まらなくなるので注意です。
 
 

中華粥 + インドネシア料理の組み合わせは、せっかく胃を休めたのに相殺されてしまう(笑)

 

 

スーパーで買えるインスタント粥はこちらになります。

  

 

【思ったよりお腹に優しい?インドネシアのインスタントお粥「SUPER BUBUR」食べてみた】

selalumusimpanasindonesia.hatenablog.com